トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ペペロンチーノ・スパゲティー

こんばんは。
今夜も食べ物ネタなのですが、店舗紹介では無いです。

『祖母、逝く…』でチラッと触れましたが、我が実家はスパゲティ店、そんな訳で自分はかつて料理人の端くれでした。とは言え、マニュアル(レシピ)どおりに作るだけだったので、自分なりにアレンジするのは苦手です…(^_^;)ゞ
今でもよく作るのは、トマトソース系&ペペロンチーノ。最初に輪切り唐辛子と顆粒orスライスのガーリックを、オリーブオイルであぶります。
①むきアサリを軽く炒めて、トマトソースを和えれば“ボンゴレ・ロッソ”
②トマトソースを和えずにタコぶつ切り&食塩(うっすらと味が付く程度)を混ぜて“ペペロンチーノ”
いずれも刻み海苔を振り掛けます。コレが和洋(和伊!?)折衷って感じでイケます♪

眠気が襲って来たので、今夜はこの辺で…。

おやすみなさいsleepy

| | コメント (2)

2009年1月30日 (金)

寒い日も、暑い日も、立ち食いそば♪

こんばんは。
本日は雨の中、某“本の街”にて、木造店舗の解体工事を手伝ってきました。
残材(木材、不燃石膏ボード、硝子etc.)は昨日までに搬出され、今日は基礎コンクリートの粉砕・瓦礫搬出、並びに耐圧筋処理でした。
コンクリート粉砕は、普通なら粉塵が周囲に撒き散らされ、通行人の皆様へかなり迷惑がかかるのですが、雨のおかげでその心配が無く終わりました。寒かったけど…。

こんな寒い日は、体が暖かい物を求めます。そしてこの不景気の御時世、なるべく安くてお腹いっぱいになる物が食べたくなる…。
おっ、安くてヴォリュームの有る暖かい物…立ち食いそばsign01 しかも自分が恵比寿に住んでいた頃から贔屓にしている“富士そば”発見sign01 社長さんが演歌の作詞まで手掛けちゃう、あの富士そばsign01
思えばかれこれ10年以上の“お付き合い”です。恵比寿には2店舗在るので、週1〜2回は必ず行ってました。
猫舌な自分は、冬でも冷たいざるorもりそばを食します。主に大盛りで。そこへいなり寿司かミニカレーを付けます。時々食すのが“二枚もり”すなわち2人前のもりそばです。つゆに生卵を入れてもらい、わさびと七味唐辛子も少々使います。ただ、ネギは嫌いなので入れません…coldsweats02 食べ終わったら、つゆにそば湯を混ぜて飲みます(夏の暑い日でも同じです)
ただ、冬の露天作業中、しかも今日みたいな雨天だと、冷たいそばはつらいです…。熱いつゆのそばで体を暖めます。

さて、僕が贔屓にしている立ち食いそば屋を、御紹介致します。

富士そば
ゆで太郎

他にも“小諸そば”“せんねんそば”“梅もと”などなど御座いますが、店舗が多いおかげで、やはり上記の2店が主ですね。
余談ですが“東西そば”は葛西駅前限定…

カミさんはそばアレルギーなので、うどんや丼ものも有るそば屋へ行きますが、富士そばはまさに我々に打って付けgood
最後に、我々が野球観戦後によく行く店舗の写真を掲載させていただきます。さて、どこの店舗でしょうか…(富士そば関係者の皆様、不都合でしたら削除させていただきます)
寒い日も、暑い日も、立ち食いそば♪

| | コメント (5)

2009年1月29日 (木)

憧れのアイドル~男性編~

こんばんは。
我が日記の御贔屓さんのひとりgiants‐55様のブログで知ったのですが、フォーリーブスの青山孝史氏が、昨日早朝肝癌の為、57歳の若さで亡くなりました。この場を借りて、お悔やみ申し上げます…。

“フォーリーブス”といえば、1960年代終り頃から約10年間、ジャニーズ事務所の4人組アイドルグループとして活躍し、若い女性だけで無く、我々小学生男子にも人気が在りました。
西城秀樹,野口五郎,郷ひろみ各氏の“新御三家”に沢田“ジュリー”研二氏、にしきの“スタア”あきら(錦野旦)氏やずうとるびetc.…。1970年代の男子達は彼らに憧れ、ヒット曲を歌いまくってました。

今で言うアイドルは、やはりフォーリーブスの流れを汲む、ジャニーズ事務所の面々なのでしょうか…?
そして今の男子達は、彼らに憧れ、彼らの歌を口ずさむのでしょうか…?
“ター坊”の死で、そんな事を思い巡らせた、今日一日でした…。

| | コメント (2)

2009年1月28日 (水)

親愛なる読者の皆様へ~絵文字テストも兼ねて~

こんばんは。
当日記冒頭や、個別メールでお伝えしたとおり、読者の皆様のコメントへのレスポンス(返事)は

pigトピックが最新5件以内の場合、私もコメント欄に記入note
pigそれ以前のトピックの場合、最新トピックの巻末に記入させていただきますdelicious

dangerなお、ホークス選手及びソフトバンク球団、井口資仁選手非難をした身として、申し上げるのもおこがましいのですが、不特定多数の方々が閲覧されてる手前、個人・団体・企業への攻撃文、並びに個人情報記載は、削除の対象となり得ますsign01

御理解の上、書き込みよろしくお願いします

さのかづみ拝

| | コメント (0)

2009年1月27日 (火)

夢中で頑張る君へ~たまには仕事にちなんだ話でも…~

こんばんは。
たまには我が仕事場について話しましょうか…。
僕は工事現場で働いています。
一口に“工事現場”と言っても様々で、大きく分ければ“建築”に“土木”更に建築を分類すれば“鉄筋コンクリート造”“鉄骨造”“木造”etc.…。工法での分類では無く、違う観点で分ければ“新築”“改築”“増築”“補修”などなど…。
僕の場合、主に新築の鉄筋コンクリート造建物が多く、他の現場とは不思議と縁が無いのですが、今日は珍しく木造のアパートの工事に立ち会いました。
鉄筋コンクリート造は、まず建物を支える為の“基礎工事”が在り、その上を鉄筋工の人々が柱筋や梁筋やらを組み、その周りを大工さん達が型枠を立て、コンクリートを流し込みます。一階一階立ち上げるごとにその工程を繰り返す為、他の工法より頑丈な分、時間がかかります。
しかし、木造は早い!! 2階建てのアパートで、既に基礎工事が終了していたのですが、アッと言う間に大工さん達が柱・梁・床を組み立てて行くのです!! 1日にしてそこそこの形になって行くので、目から鱗が落ちました!!
明日は壁材をはめ込み、明後日から数日間で屋根材の建て方だそうです。
まぁ、他の工法と同じ様に、内装・外装・設備で時間がかかるとは思いますが…。

追記
過去のトピックの、返信タイム♪
【『やじうまプラス』のマスコットは、本当にウマなのか…?】より
>>偽掛布光秀様
『やじうまプラス』のマスコットは、やはり“ウマ”なんでしょうね。イマイチ納得いきませんが…。
横浜スタジアムでも大活躍、TBSの“BOOBO”は、純粋に“ブタ”と思っていましたが…ってか兄さん、所沢で背番号60の人に、その野次飛ばしませんでしたっけ…?

『カレーライス』より
>>代打ホワイト様
B級(!?)グルメ情報、有り難う御座います。新宿の“わおん”覚えておきましょう。

お二方とも、毎度御贔屓有り難う御座います。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

You Tube

こんばんは。
時々ネットカフェに入っては、よく閲覧するサイトが在ります。You Tubeという、画像投稿サイトです。
僕が主に探すのは、1960~80年代の特撮やアニメーション,ドラマ,CMあたりです。特に、ビデオ・DVD発売されて無い物、発売されていてもレンタル店に出回ってない物を見つけられると、嬉しいですね。

♪かつて火曜日午後7時に放送されていた『サザエさん』再放送版のオープニング&エンディングテーマ曲
♪1973年頃放送された日本テレビ版『ドラえもん』
♪上記と同じ頃の藤子不二雄作品で、人種差別に繋がるという理由で放送・出版禁止となった、隠れた名作『ジャングル黒べえ』
♪1967年放送、こちらも放送・出版禁止『ウルトラセブン』12話
♪1973年頃、若き日の大野しげひさ氏が主演し、ホンダ・ヴァモスを改造した機関車型の車で日本中を旅するドラマ『走れ! ケー100』オープニングテーマ曲
♪1974年頃の石ノ森章太郎氏作品『がんばれロボコン』
余談ですが、こちらでも大野しげひささんが若い!!
♪タケダ,ロート製薬,御幸毛織,東芝,ナショナル(現・パナソニック)etc.の番組アイキャッチ

懐かしさに感動の連続!! 他にもいろいろ有るかも知れませんね。

追記
携帯電話でも視聴出来ない事は無いのですが、変換に時間がかかる上、10秒くらいしか見られません…。

| | コメント (5)

2009年1月25日 (日)

新しい仮面ライダーの名は“ディケイド”

こんばんは。
さて、今夜は読者の皆様が引くのを覚悟で、マニアックな話でも致しますか…。

新しい仮面ライダーの名は“ディケイド”
先週限りで、1年間続いた『仮面ライダーキバ』が終了し、新たに今朝から『仮面ライダーディケイド』が始まりました(写真) 今回のライダーは“平成ライダー”開始から10作目となります。

ディケイドに変身する門矢士(カドヤツカサ、井上正大氏)は、前作“キバ”人間体・紅渡(クレナイワタル、瀬戸康史氏)から異なる9ツの世界で戦うライダー“クウガ”“アギト”“龍騎”“555(ファイズ)”“剣(ブレイド)”“響鬼”“カブト”“電王”“キバ”の存在を教えられ、それぞれの世界へトリップしては共闘したり、士本人が別のライダーに変身したり…コレが今回の大まかな設定だそうです。

2006年放送『仮面ライダーカブト』の途中から視聴し、しかも熱中して見てた訳では無い者としては、
「何のこっちゃ!?」
っていう感じですが“クウガ”から見ていたライダーマニアにとっては、たまらない設定だと思います。
そこで思ったのですが“ウルトラマン”シリーズでは、過去のウルトラマンが現在のウルトラマンを援軍したり、その際人間体を演じた俳優が特別出演したりと、その度にウルトラマニアを喜ばせたものですが、こちらではどうなるのか…?
いわゆる“昭和ライダー”では、1971年“1号”“2号”の時代から1988年“BRACK RX”まで世界が繋がっていたので“ウルトラ”シリーズ同様、過去のライダーや俳優の特別出演が実現したらしいのですが(自分は1975年作品“ストロンガー”までしか見ていない為、詳細は不明です)…。
“キバ”紅渡を演じた瀬戸氏が継続出演したり、劇場版だけで言えば『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』にて“電王”ないし人間体・野上良太郎(佐藤健氏)とキバ(紅渡)との共闘が実現しただけに、他のも是非見てみたいのですが“クウガ”のオリジナル・キャストは無理かな…? 新しい人間体、村井良太氏演ずる“小野寺ユウスケ”が登場したし…。
個人的には、昭和のライダーも出して欲しいのですが…。
駄目…?

最後に“仮面ライダーチップス”の包装袋で、平成ライダーを振り返りたいと思います(電王&キバは除きます)
新しい仮面ライダーの名は“ディケイド”
写真上段右からカブト,響鬼,クウガ、下段右から龍騎,ファイズ,アギト,ブレイドです。

追記
青年漫画雑誌のグラビアを中心に活躍して来た佐藤寛子嬢が、この作品に於いて刑事役で登場しました。
2006年放送『魔弾戦記リューケンドー』以来の特撮作品出演となりましたが、随分ゲッソリと痩せてましたねぇ〜…。
無理なダイエットでもしているとか、まさか…?
最近同業者の子が或る事件で捕まっただけに、心配です…。

| | コメント (2)

2009年1月24日 (土)

卵かけご飯

こんばんは。
今夜はカミさんが泊まりがけ勤務なので、冷凍しておいた雑穀玄米のご飯と、ビーフシチューを食べました。
雑穀玄米は、生卵プラス醤油少々を混ぜて食しました。これぞ日本のご飯です!! でもおかずはシチュー…?

おやすみなさい…。

追記
昨日記した期待の芸人に

☆まえだまえだ

を、追加させていただきます。
将来楽しみだね、あのお子ちゃま達。
めざせ“喜美いとし・こいし”!!

| | コメント (3)

2009年1月23日 (金)

お笑い番組

お笑い番組
こんばんは。
自分が子供の頃の娯楽といえば、やはりテレビが中心。藤子不二雄,赤塚不二夫氏をはじめとするテレビ漫画(まだ“アニメーション”という言葉は使われていなかった)『ウルトラマン』『仮面ライダー』などの特殊撮影番組(いわゆる“特撮”)プロ野球中継&野球情報番組『ミユキ野球教室』そして『8時だョ! 全員集合』を中心とした“お笑い”番組でした。
「野球四方山話」でも少々触れましたが、土曜日午後8時といえば、当時の子供はみんなザ・ドリフターズのコントに夢中になっていました。日曜日を挟んで、月曜日の朝の小学校は、ドリフターズの話題で持ち切りでした。
坂上二郎&萩本欽一両氏のコント55号『何でそうなるの』ウクレレ漫談・牧伸二氏司会の『大正テレビ寄席』今も続く『笑点』etc.楽しませていただいたお笑い番組は数々在れど、あくまで僕らの中で不動のダントツだったのは、ドリフターズでした。途中、裏番組の『欽ちゃんのドンとやってみよう』に乗換えた友人もいて、かく言う僕も『何でそうなるの』を見ていた履歴が有ったので、切り替えていた時期が有りましたが、1973年からドリフターズに加入していた志村けん氏が新しいネタを提供し出した頃、その中でも“東村山音頭”を演り出した頃から『8時だョ…』に復帰し、同時期にスタートした『ドリフ大爆笑』とともに再び生活の一部となりました。
“東村山音頭”が大ヒットしていた頃、番組名は失念しましたが、フジテレビにて物真似番組が放送されました。デビューして間もないザ・ハンダースや当時のヒット歌手が出演していましたが、後の1980年代終盤の“物真似ブーム”の原点とも言うべく番組でした。ハンダースの中心メンバーだった清水アキラ氏は、あの頃から面白かった!!
並行して、新たに子供達をテレビに釘付けにした番組が始まりました。てんぷくトリオが解散を余儀なくされ、ソロ活動をしていた伊東四朗氏が、小松政夫氏と組んで大ヒットさせた『みごろ! たべごろ! 笑いごろ!』でした。
このお二方は既に『笑って笑って60分』にてコントを披露してましたが、それを発展させる形で“電線マン”やら“しらけ鳥”なるユニークなキャラクターを以て、僕らを楽しませてくれました。

幾多のスター芸人を生み出した、今は亡き山田康雄氏が司会をしたオーディション番組『お笑いスター誕生』を経て、中学・高校時代から、いつの間にかお笑い番組を見なくなりました。ゆえに1980年代の漫才ブームの象徴的存在『笑ってる場合ですよ』『オレたちひょうきん族』並びにタモリ氏の諸番組etc.は殆ど見ずに過ごし、そんな状況が最近まで続きました。せいぜいラジオで笑福亭鶴瓶氏や、関根勤・小堺一機両氏の“コサキン”の番組を聴くにとどまりました。
一昨年秋頃か、カミさんと何気無く『エンタの神様』『はねるのトびら』とか見ていたら、なかなか面白い。『エンタ…』は一発芸が多く『はねる…』はゲストとのゲームが主。子供の頃に見たお笑いとは違う物に触れ、再びお笑いに興味を持つ様になりました。
最近は『爆笑! レッドカーペット』『ザ・イロモネア』をよく見ます。

最後に、僕が期待している若手芸人を列挙させていただきます。

☆ドランクドラゴン
☆陣内智則
☆なだぎ武
☆ザ・パンチ
☆クールポコ
☆天津
☆ザブングル
☆ジョイマン

つらいご時世だから、余計に“笑い”を求めてしまうのでしょうね…。

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

スワローズは1990年代の輝きを取り戻す事が出来るのか…?

スワローズは1990年代の輝きを取り戻す事が出来るのか…?
こんばんは。
またまたマニアックなプロ野球ネタですみません…m(_ _)m でも今日は怒りモードでは在りませんので、御安心を(苦笑)…。

本日、ヤクルト本社にて『ヤクルト球団創設40周年記念企画記者発表』が行なわれました。
鈴木正球団社長兼オーナー代行,高田繁監督,荒木大輔,伊藤智仁両投手コーチ,由規(佐藤由規),石川雅規両投手,田中浩康内野手,青木宣親外野手,そしてOBの若松勉・元監督が記者会見に出席し、球団創設40周年記念ロゴや、2009年シーズンのスローガン,球場イベント,並びに新ユニフォームが、盛大に発表されました。

高田監督から新スローガン
『JUST PLAY TO WIN』
が発表されると(写真右から)由規,石川,青木&田中浩各選手がモデルとなって、ニュータイプのユニフォームが披露されました。
2006年以来、3年振りに変更となるユニフォームは、前回と同じくBEAMSがデザインを担当しました。
肩に赤いラインが入り、ホーム用はそのまま白、そしてビジター用は紺から薄いグレーに模様替えされます。右胸には球団創設40周年記念ロゴがあしらわれます(肖像権で訴えられない様、ワザと写りの悪い写真を掲載してすみません…)

林昌勇(イム・チャンヨン)投手の成功に気を良くしたか、李恵践(イ・ヘチョン)投手を獲得、またまた韓国からの援軍です。
トライアウトにて、未完の大器吉本亮(元・福岡ソフトバンクホークス)&森岡良介(元・中日ドラゴンズ)両内野手を獲得、福地寿樹外野手や押本健彦投手、川島慶三内野手の様に、移籍によって“化ける”期待が寄せられています。
同じくトライアウトからの獲得ですが、オリックス・バファローズの“ユウキ”こと田中祐貴投手が、まずは“育成選手”扱いで、二軍待機致します。そこそこのキャリアを持つ選手だけに、近いうちの正式な支配下選手登録、そして即一軍入りも有るかも知れません。
由規,村中恭兵,増渕竜義,加藤幹典各投手、畠山和洋,川端慎吾両内野手、遅咲きの牧谷宇佐美外野手etc.…、今季の飛躍が期待される人材も豊富、先日紹介したベイスターズの正捕手・相川亮二選手も加わり、1990年代黄金時代復活への準備は整いました。

名誉挽回・汚名返上に燃えてるはず(!?)のホークスとの日本シリーズ実現も近い!!…かも…?

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

私の怪しい趣味~デアゴスティーニのマワし者~

こんばんは。
本日は、我が怪しい趣味についてお話します。まさに僕の“本領発揮(!?)”の世界なのですが、引かずに、読み続けていただければ幸いです。


こちらは、(株)デアゴスティーニ・ジャパン刊、昨年春から発売されている、週刊『仮面ライダーオフィシャルデータファイル』という雑誌です。
1971年から放送が開始され、何度か途切れつつも今に至る『仮面ライダー』シリーズ。そのデータが毎週アットランダムに掲載され、ページを本体から一枚一枚切り離し、項目別にバインダーに閉じていく、という書物です。
1970年代以降の子供達を虜にして来たヒーロー“仮面ライダー”ですが、自分も藤岡弘、氏の1号&佐々木剛氏の2号ライダーの時は、テレビに齧り付いて見ていました。
時は流れ大人と呼ばれる様になり、久しく離れていましたが、最近『ウルトラマン』シリーズに於いて、昭和時代に登場した怪獣・宇宙人が再登場したり、その頃のウルトラマンが現在のウルトラマンに、援軍やら共闘をするという、原点回帰の動きに不覚にも乗せられてしまい、その流れで『仮面ライダーカブト』という作品を視聴し始めました。
“仮面ライダー”シリーズに関しては、原点回帰的な動きがあまり無く、この“カブト”然り、続く“電王”この間最終回を迎えた“キバ”に対しても、残念ながら思い入れが薄いんです。それでもこのデータファイルを整理しながら、
「その時代の子供達が、それぞれのライダーに思いを馳せて来たんだろうなぁ~…」
などと、思い巡らせています。
現在44号まで発売され“電王”までのデータを随時提供していますが、後続の“キバ”はどうするんだろう…?…って言うか、来週から新作の“ディケイド”が始まっちゃうし…。何巻まで出す気なのだ!?


続いてこちらは、昨年末に全64巻配本が終了した『昭和タイムズ』です。毎週読みながら、ちょっとした“昭和史復習”をしていました。
こちらの配本が終了し、ホッとしたのも束の間、朝日新聞出版から『週刊昭和』が発売されてました…。全40巻、こちらもコンプリートはするつもりですが、その傍らで今度は“ウルトラマンオフィシャルデータファイル”が出るとか出ないとか…。既に仙台方面ではテスト販売、金が続かないかも…。

追記

カミさんは、隔週でこちらを購入しています。ハローキティのアクセサリー付きで、額縁まで買ってました。

嗚呼、デアゴスティーニのマワし者と化した、我ら怪しき似た者馬鹿ップル…。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

さよなら井口資仁…

こんばんは。
本日のトピックは、またしてもホークスファンにとって悲しく、そして怒りすら覚える話題なのですが、なるべく感情を押し殺して書かせていただくつもりです。

かつて福岡ダイエー(現・ソフトバンク)ホークスに在籍し、フィラデルフィア・フィリーズを自由契約となった井口資仁内野手が、千葉ロッテマリーンズに入団致しました。しかし自分はこの事について、あえて“物言い”を付けさせていただきます。

井口選手は、1994年シーズン終了後ホークスを退団し、メジャー・リーグのシカゴ・ホワイトソックスに入団しました。まずこの時のいきさつに物言い!!
彼はその時FA資格を持っていた訳では無く、ポスティング・システム(入札制度)にしても、当時のダイエー球団が認めていませんでした。
1993年シーズン終了後、球団社長だった高塚猛が

「私が来シーズン終了時に球団に居なかったら、君をメジャーへ行かせてあげるよ♪」

と、井口選手に持ち掛けました。その高塚は翌年夏、或る事件を起こした事が発覚して逮捕され、球団を去りました。その事を楯に、FAやポスティングの選択が出来ない井口選手は“自由契約”という抜け道を使い、涙ですがるホークス関係者、及びファンに背を向け、アメリカへ旅立ちました…。
ここで『野球豆知識“自由契約”って何…?』
直訳すると、
「君はもう球団に囚われない“自由な立場”ですよ」
という事で、言葉面からは真意が伝わって来ませんが、少々掘り下げて書くと、
「球団はもう君の事を必要として無いから“自由”に次の仕事先を探せますよ」
早い話が、

   “ク ビ”

です。しかし、高塚以外の球団関係者、特に“現場”でユニフォームを着て戦っている人間からしたら、
「何ぃ~? 自由契約ぅ~? 我々は井口選手を戦力として必要としているのに…」
という疑問を禁じ得なかったでしょう。
普通、余程活躍出来なかった選手でもない限り、球団は選手に“自由にして良いよ”などとは宣告しません。井口選手程活躍していた人材に“戦力外通告”なんぞ出来る訳が有りません。しかし井口選手は、抜け道で我を通しました。しかもポスティングの様な“選手に球団選択の自由無し”という制度では無く、FAと同じ様に自分で球団を選べるやり方で…。

もうひとつの物言いは、メジャーの球団で駄目だったからと言って、オメオメと日本へ帰って来た事。我々ホークスファンが、何の為に無念を堪えて井口選手のメジャー行きを後押ししたか、結局井口選手には何一つ伝わらなかったんですね…。
青山学院大学4年生時、数々の球団から入団の誘いを受け、スカウト達から至れり尽くせりされながらも、ダイエー球団だけがメジャー行きを容認した事でホークスを逆指名入団した彼の事、我々の気持ちが伝わっていれば、石に齧りついてでもメジャーでのプレイにこだわったでしょう。それだけ彼にとって大きい夢だったはずなのです。しかし、アッサリと夢を諦めてしまいました…。しかも、我々ホークスファンを敵に回す選択までして…。
井口選手が自身のブログに、早速入団報告をしていましたが、
「ホークスからはオファーが有りませんでした」
と…。まぁ王貞治・前監督が、二塁手の後釜に本多雄一内野手を指名して育成し、本多選手も期待に応えて頑張っているから、自分は井口選手が戻って来なくても構わないと思っていました。ソフトバンク球団も同じ考えなのでしょう。だからと言って、なぜ簡単に夢を諦めるのか…? ホークスファンの古傷に塩を擦り込む程、軽い夢だったのか…?

まだまだいろいろ言いたい事は有りますが、これ以上は私的感情のオン・パレードになるので、タイトルと最後の一行に思いを込めて、具体的な言葉にする事はあえて封印します。

さよなら、井口資仁!!

| | コメント (2)

2009年1月19日 (月)

母校が無くなる…?

母校が無くなる…?
神奈川県立栗原高等学校校章
母校が無くなる…?
神奈川県立座間総合高等学校校章
母校が無くなる…?
座間総合高校エンブレム
母校が無くなる…?
座間総合高校広告

こんばんは。
昨日のトピック『野球四方山話』アップの後、久々に我が母校・神奈川県立栗原高等学校(以下、栗高)のサイトへ来てみたら、何と栗高が無くなると言うでは有ぁ〜りませんか!?(チャーリー浜師匠風に)
何でも、2009年4月より同じ県立のひばりヶ丘高校と統合し“座間総合高等学校”として再スタートするそうです。校舎・グラウンドは継続して栗高の物を使うとの事ですが…。
第1期生として一抹の淋しさを感じ、急遽栗高に“会いに行く”事にしました。
小田急線相武台前からバスで行き、北向庚申前停留所からすぐの場所に、我が母校が在ります。
校門の向かって左側に栗高の表札、そして右側には既に座間総合高校の表札が…。サイトに統合学校の校歌の歌詞が掲載されている事と併せて、淋しいといえば淋しいですが、逆に“母校の発展”と、捉えて行く事にします。

3月1日は、栗高としては最後の卒業式(第26期生)19日には“完校式”が行なわれるとの事で、お邪魔したいと思っています。

【業務連絡】
第1期生、3/19は栗高に来たれ!!
ちなみに自分は座間西中出身、入谷在住だった“笠地蔵”の“地蔵”だ!!

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

野球四方山話

こんにちは。珍しくお昼にお送り致します。今日は野球の話(音楽&競輪ブレンド)詰め合わせセットです。

①先日、FA宣言した横浜ベイスターズの相川亮二捕手が、東京ヤクルトスワローズに入団致しました。
ヤクルト球団といえば、諸般の事情でFA選手の獲得をしてきませんでしたが、今回の相川選手取りは、1990年代黄金時代復活へ向けて、球団が本気になってくれている証左でしょう。編成の名人・高田繁監督にかなり尻を叩かれたのかも知れませんが…。
何より相川選手がスワローズを選んでくれた事が嬉しいですね。古田敦也氏が正捕手の座を降りた後、捕手難に悩まされただけに、彼の加入はチーム浮上の鍵となるでしょう。米野智人・福川将和・川本良平各選手への起爆剤にもなり得るでしょうしね。
ベイスターズファンの友人が居る身としては心苦しいですが、是非スワローズを優勝へ導いていただきたいものです。
背番号は2、武上四郎氏(故人)飯田哲也氏(現コーチ)etc.様々なタイプの選手が着用した番号ですが、相川選手が新たなる伝説を始めます。

②第81回選抜高校野球の行進曲に、GReeeeNの「キセキ」が選ばれました。
この曲は大ヒットドラマ「ROOKIES」に使用され、曲も大ヒットしました。
僕の好きな野球を題材とした漫画のドラマ化で、毎週楽しみにしていました。テレビの前で、時には笑い、時には怒り、時には泣き、それが悲し泣きだったり、嬉し泣きだったり…。
「ROOKIES」のオンエア時間帯は、かつて子供達を笑いの渦に巻き込んだ伝説の番組「8時だョ! 全員集合」とほぼ同じなんです。自分の生涯で一番笑わせてくれた番組と、一番胸を熱くしてくれた番組が、ほぼ同じ時間帯で放送された事に、何か不思議な縁を感じずにいられません。あくまで個人的にですが…。
選抜高校野球が終わり、その熱が冷めるか冷めないかの頃の5月末に、このドラマの劇場版がロードショーされます。我が友人もエキストラ出演するそうです。映画館へ足を運ぶ日が待ち遠しいですが、まずは「キセキ」を聴きながら、現実の高校球児に思いを馳せましょう。
余談ですが「キセキ」をカラオケで歌うのは、かなり難しいです…。

③野球と言うか、競輪の話ですが、当ブログでも話題にさせていただいた北野良栄選手が、昨日のいわき平競輪に於いて、通算4戦目にしてぶっちぎりの初勝利を果たしました!!
“根っからのギャンブラー”では無いので、平まで行かず、電話投票等もしませんでしたが、やはり勝利となれば嬉しいものです。
北野選手、今後も勝ち続け、一流の競輪選手となってください!!

追記
昨日の阪神淡路大震災のトピックですが、実は2年前に別のブログで書いていた物です(ヤホー、もといYahoo!で“かづみの箱”と検索すると、そちらが現れます…恥) ただし文章は全面書き替えました。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

阪神淡路大震災から14年…

こんばんは。
14年前の今日は、あの阪神淡路大震災が起こった日です。

あの頃僕は、二人の若い女性と、手紙を中心とした交流をしていました。
ひとりは、同じさだまさし氏のファンの女性で、仮に“高木涼子”と致しましょう。
1991年、毎年8月6日に行なわれていた、さだ氏の平和祈念野外イベント“夏・長崎から”で会ったのをきっかけに、涼子の住所大阪(天王寺方面)←→東京間での手紙のやり取りが始まりましたが、会うのは8月6日のみでした。
1994年ゴールデンウィーク、僕の方から大阪へ出向き、二人で大阪市内を周遊、その頃から涼子と正式に交際したいと考える様になりました。
「涼子に東京へ来てもらうか、自分が大阪へ生活の拠点を移すか…?」
そこまで考えました。
8月6日を挟んで、12月初頭、涼子が新宿厚生年金会館のさだ氏のコンサートを見たいと言って来たので、僕も公演日に合わせて休日をとる事にして、一旦は本社も現場も許可してくれましたが、公演日前夜になって無情の出勤命令…。涼子は汽車の切符を手配済み、キャンセルもままならず、当日は残業も入り、ついに会えずに終わりました…。
翌年1月17日、涼子は普通に大阪市内にいた模様で、新年の挨拶からさして間もないこの日、新たに見舞いの手紙を出しました。数日後“天王寺方面は被害有りませんでした”と返事が来ました。
この年のゴールデンウィーク、涼子から藤原京遷都のイベントにちなむ奈良ウォーキングに誘われました。
涼子の友人(女性)が同行するとの事で、当初は桜井で待ち合わせ予定でしたが、数日前に涼子の友人が待ち合わせ場所を天理に変更、その連絡がうまくいかなかったばっかりに、その日も涼子と会う事が出来ませんでした…。
以来、お互いに多忙になり、僕は僕で8月6日のイベントへの参加が出来なくなり、交際は自然消滅してしまいました…。

もうひとりは、芦屋からアイドルタレント志望で上京していた女の子でした。こちらは“岡佑美子”と致します。
アイドル歌手に詳しかった友人が、当時日比谷シャンテ内で行なわれていた、アイドルの卵のミニFM公開生放送に連れて行ってくれました。
水野あおい女史,新島弥生女史,メロディー(3人組)といった、知る人ぞ知るアイドルと交替でパーソナリティーを務めていた女の子の中に、佑美子ちゃんがいました。
佑美子ちゃんはいつもオンエア前の待ち時間に、ファンから手紙をもらっては、返事を書いていました。
「自分も出したら書いてもらえるかな…?」
少々不純な気持ちで手紙を書いたら、数日後に返信来たぁーっ!!(山本高広氏風に) 以来文通状態で手紙のやり取りを続けながら、毎週土曜日になると、作業終了次第日比谷シャンテヘ足しげく通いました。ミニFMの企画は12月初頭に終了しましたが、その後も年賀状を含めて手紙のやり取りをしていました。あの大震災は、そんな最中でした…。
「私の実家周辺は被害少なかったんですが、神戸の灘に住んでいた頃通っていた小学校が、非難所になっていました…」
そう記された文字が、心なしか淋し気に見えました…。
その後佑美子ちゃんはタレント活動が滞り、事務所も2回変わり、そうこうしているうちに僕も上記の様に多忙になった為に、佑美子ちゃんとの文通も途切れてしまいました…。

この日を迎えると、犠牲者の方々を思うと共に、彼女達の笑顔を、ふと想い出してしまいます…。

| | コメント (0)

2009年1月16日 (金)

ホークスファンとして、見逃せない事…

こんばんは。
今日は、あの話題を避けて、横浜ベイスターズの相川亮二捕手の、東京ヤクルトスワローズへのFA移籍とか、今年の選抜高校野球の行進曲が、ドラマ「ROOKIES」のテーマソングになったとか、いろいろ用意しましたが、やはりあの話題に触れない訳にはいかないでしょう…。

昨年11月27日、熊本のホテルにて開かれた、福岡ソフトバンクホークスの選手納会に於いて、未成年選手(18)が急性アルコール中毒に似た症状で病院に搬送されたと、昨日発表されました。仮に“X”選手とします。
X選手は高校を経て入団したばかりで、この日は先輩達にお酌して回りながら、自分も酒を口にしてしまい、上記の事件に発展してしまったとの事ですが、

※なぜ未成年の分際で酒を口にしてしまったのか?
※こういう時は大概悪い先輩が、
「俺の酒が呑めねぇって言うのか!?」
などと、後輩を脅す事が多いのだが、なぜ未成年に勧めたのか?
※なぜ周りが止めなかったのか?

この3点を問い詰めてみたい。
昨年ホークスは最下位に終わったクセに、選手間に反省の色が感じられない。悔しさが全然伝わって来ない。我々ファン(特に鬼門とされてる東日本の球場へ通う、札幌・仙台・南関東のファン)は5年間忸怩たる思いをしてるのに…。最下位に向けて反省するフリをした顛末がコレですか!?
ホークスナインはパ・リーグの選手の中でも、年俸何千万・何億円単位の高額所得者が多い。その割りには、所得に見合うだけの活躍をする選手が少ない。我々ファンはこの不況のご時世、わずかな収入から決して安くないチケット代を捻出する為に、日々遣り繰りをして球場へ来てるというのに、東日本での腑甲斐無い試合や、最下位落ちは一歩譲っても、オフに不祥事を起こすなんぞ、ファンを愚弄するのもいい加減にして欲しい!! 選手は我々からチケット代・応援グッズ代を巻き上げて、たいした働きもせず、ヌクヌクとおいしい生活さえ出来れば、それで良いのか!? そんなのプロとして恥ずかしいと思わないのか!?
球団も球団です。マスコミ発表がなぜ年を越えたのか!? 隠蔽工作しようったって、そうはいきませんよ!! 昨年の時津風部屋じゃないんだから!!
我々ファンの夢を壊した代償として、今季即刻優勝して欲しい!! 2位以下、ましてや昨年みたいにドン尻じゃ納得いきませんよ。もし優勝出来なかったら、著しい成長を遂げた選手を除いてみんな減俸です!! 本当は、昨年末の契約更改を全員白紙に戻してもらいたいところなのですが…。

猛省を促す!!

| | コメント (0)

2009年1月15日 (木)

ドラゴンズ川上,巨人上原、メジャー決定

こんばんは。
先日、中日ドラゴンズの川上憲伸投手がアトランタ・ブレーブスへ、読売ジャイアンツの上原浩治投手がボルティモア・オリオールズへ、それぞれ入団が決定しました。

横浜ベイスターズの相川亮二捕手は、FA宣言してメジャー行きを希望するも、残念ながら話がまとまらず、日本残留するそうです。今までFA選手獲得に動いた事が無かった東京ヤクルトスワローズが、相川選手と入団交渉するとの事です。

いずれにしても、彼らの活躍を願います。

| | コメント (0)

2009年1月14日 (水)

野球殿堂

野球殿堂
こんばんは。
昨日、元・巨人,阪急,大洋ホエールズで、強打者として活躍した青田昇氏、日本ハムファイターズ前オーナーの大社義規氏、日本野球史編纂に貢献された君島一郎氏、そして元・ヤクルトスワローズの若松勉氏が、新たに野球殿堂入り致しました。
ここでは、誠に勝手ながら、若松氏の事を中心に取り上げさせていただきます。

1971年、当時の“ヤクルトアトムズ”にドラフト3位で入団、168cmと小柄ながら、好打の選手としてならし、プロ19年で打率3割以上を12度記録、通算打率.319は4000打数以上の日本人選手では最高です。
タイトルは、首位打者2度、ベストナイン9度受賞、1978年のスワローズ優勝時には、MVPに選出されました。
1989年現役引退後は、評論家活動、スワローズのコーチを経て、1999年スワローズの監督に就任しました。
監督在位7年間で、優勝は2001年の1度だけで終わりましたが、そこで日本シリーズ制覇を決めています。
リーグ優勝、並びに日本一を決めた時の、
「ファンの皆様、優勝おめでとう御座います!!」
のコメントは、球史に残る名言ですね。
余談ですが、上の写真は約20年前にヤクルトから発売されたスポーツドリンク“ストライカー”なのですが、イラストの野球選手のモデルは、若松氏との事です。

皆様、殿堂入りおめでとう御座いました。

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

『やじうまプラス』のマスコットは、本当にウマなのか…?

『やじうまプラス』のマスコットは、本当にウマなのか…?
こんばんは。
僕は、仕事へ行く前に風呂へ入るので(歯磨き・洗顔込み)午前4時半頃には起床します。
関東の“テレビ朝日”で放送されている『やじうまプラス』という情報番組を見ながら、まずトイレで用を足し、髭を剃ります。で、髭を剃り終える4時53分頃に12星座の占いコーナーが始まるのです。
ボーイズタウンギャングの『君の瞳に恋してる』の歌に乗せ、星座別に金銭運,恋愛運,仕事運,健康運(+ラッキーカラー&アイテム)が表示されるのですが、運の度合いに合わせて、1〜5頭のマスコットがテクテク行進するのです。そのマスコットというのが、上のイラストの奴。どうやら番組タイトルに合わせて“ウマ”らしいのですが、僕には、

   “ワ ニ”

にしか見えません!!

私は問いたい!! このマスコットは“ウマ”なのか“ワニ”なのか!? はたまた別の生物をモチーフにした奴なのか!?

御意見、お待ちしていますm(_ _)m

おやすみなさい…

| | コメント (1)

2009年1月12日 (月)

成人式

こんばんは。
本日は成人式、日本全国が晴れ着を身に包んだ女性、スーツや袴を身にまとった男性で溢れかえった事でしょう。
我が成人式は既に遠い昔の事ですが(具体的にいつかは、過去のトピックから詮索してみてくだされ…)ほぼ昨日の事の様に覚えています。
まだ神奈川県座間在住だった頃、着慣れないスーツを着用し、父母・祖父母に見送られ、朝早く家を出ました。
途中、バイト先のスーパー前を通るので、オーナー夫妻・店長、そして公休日ながら僕を見送りにいらしたパートのおば様達に挨拶がてら、足を運びました。
自宅から徒歩で約30分、会場の座間中学校に、1番乗りで到着しました(苦笑)やがて中学校時代の同級生、座間市在住の高校時代の同級生と落ち合い、積もる話に花を咲かせました。そして式本番…。

昨今、式が始まっても、積もる話が止まなかったり、訳も無く乱心してみたり、団塊世代以上の方達から“新人類”などと揶揄された我々ですら信じ難い、新成人らしからぬ行動に出る輩がいて、非常に残念に思います。
学生時代やんちゃだった我々ですら、式が始まり人生の先輩方の話になると、静粛になったものです。もっともそんな中には、退屈ゆえ居眠りした不届き者も居たでしょうが…。
それと、テレビで“乱闘”以外に報道される成人式のVTRを見て、羨ましく思います。芸能人・著名人をお呼びしてる所が在るんですね。
いつぞや考古学者・吉村作治氏が講演している場面がテレビで映され、考古学に興味が薄い自分ですら羨ましく思っていたところ、新成人の私語が止まず、吉村先生が怒り出してしまいました…。著名人のスピーチが聞ける機会なんて滅多に無いのに、嗚呼もったいない…。我々の時は、県・市議会議員の方々でしたから…。ただ市議会議員の中の一人は、我が中学3年生時代の同級生のお母様で、面識の在る方だったんですが…。
今年はレミオロメンが出演した会場も在ったんですってね…。一緒に、

  粉ぁ~雪ぃ~♪

って歌いたかったなぁ~…。今の若者、恵まれてるぞ!! そう言う自分が“オッサン”になったみたいで、嫌ですね(あのぉ~“立派なオッサン”と言うツッコミは無しで)…。

話が逸れてしまいました…m(_ _)m
式の後は、中学3年時代の同級生が集合している場所へ急行しましたが、高校2年の時、交際の約束を反故にした相手に遭遇!! 声を掛ける間も無く、彼女は別の男の名前を呼びながら、僕をスルーしてしまいました…(怒)
わだかまりの中、何とか気を取り直して、友の居場所へ行くと、なんと担任の教師がお見えになってました。我々の晴れ姿に立ち会いたかったんでしょうね。嬉しかったのを覚えています。
先生は、我々の晴れ姿を確認した後帰宅され、我々も数人ずつのグループに散り、即席同窓会という流れにはなりませんでしたが、男7~8人程でファミレスにて食事会を開き、近況報告や思い出話をしまくりました。

長くなりましたので、この辺で締めさせていただきます。

「新成人の皆様、おめでとう!!」

| | コメント (0)

2009年1月11日 (日)

鷹戦士・第二の人生

こんばんは。
今夜は野球ファン(特にホークスファン)以外の方にとってはマニアックな話になります。御了承くださいませm(_ _)m

昨年秋、ソフトバンク球団を自由契約となった山村路直投手(30)が、アメリカ球界で現役続行を目指すというニュースが報道されました。
そんな訳で、昨年ホークスを去る事になってしまった、かつての鷹戦士の今後の行方について、分かる限り綴りたいと思います。

#33星野順治投手(34)
1999,2000,2003年のダイエーホークス優勝に、すべて先発投手として貢献しました。
昨今の肘・膝の故障にて引退、二軍コーチ補佐に就任します。

#59大西正樹投手(21)
3年間一軍出場出来ず、一度は球団に見切りを付けられるも“育成選手”枠で再契約。背番号が倍以上(127)になりましたが、まずは正選手に戻れる様、頑張って欲しいものです。

#61山村路直投手(30)
大活躍を期待されましたが、度重なる怪我に泣きました…。
今月25日に渡米し、26日からのアリゾナ・ウィンターリーグに参加しますが、現役続行なるか!?

#68竹岡和宏投手(33)
ホークス入団前はアメリカの独立リーグでプレイしました。山村選手より一足早く、再びアメリカでのプレイを模索中。

#25的山哲也捕手(38)
大阪近鉄バファローズ時代は強肩の正捕手、オリックスバファローズを経て昨年ホークス移籍、今年から一軍バッテリーコーチとして、次世代のキャッチャーを育てます。

#29加藤領健捕手(26)
“領健(リョウタ)”の登録名で、2006年のプレイオフに活躍しました。今年からブルペン捕手として、チームを支えます。

#50吉本亮内野手(28)
和製大砲として期待されるも、ホークスでは10年間ホームラン無し…。
新たなる環境、東京ヤクルトスワローズで出直しです。

#7大村直之外野手(32)
大阪近鉄バファローズから2005年FA移籍以来、主に1番打者として活躍しました。
元・ダイエーホークスの村松有人外野手との交換トレードで、オリックスバファローズへ移籍。ちなみにお互いに“ほぼ出戻り”となります。

まだ去就の決まらない選手も何人かいますが、皆様の第二の人生の御多幸を祈ります。

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

竹馬の友との再会

こんばんは。
本日『竹馬の友より』で登場した小学校時代の旧友と、27年振りに再会しました。
井の頭在住だった我々にとって思い出の街、吉祥寺にてPM7時半に待ち合わせ、数分前に感動の再会!!
自分は体型と髪の毛のヴォリュームが少々(!?)変わってしまった為、彼が一目見て判る様に、ホークスのレプリカユニフォーム(上)と帽子着用しましたが、声を掛けられた時はビックリ!! 自分の中で彼の姿が“坊っちゃん刈りに眼鏡”の、まさに“藤子不二雄顔”の頃で止まっていた為(失礼…m(__)m)“責任を背負い、年輪を重ねた男の顔”と化していて、驚きました。
お互いの27年間の出来事や、小学校時代の思い出話、金八先生に同級生が出演した事、かつて会話のネタにしていたアニメ(主に藤子不二雄漫画&ヒーロー物)やザ・ドリフターズの話題etc.で盛り上がりました。
最初は彼の御贔屓のインドカレー店で旨いカレーライスを食しながら30分滞在、後の3時間は、当時の彼のイメージからは想像がつかない(度々御免…m(__)m)お洒落なアメリカンカフェで、紅茶をたしなみながら至福の時を過ごしました。
下戸の僕の為に、アルコール無しでも楽しめる場所をセッティングしてくれた彼に感謝です!!

石井基安(仮名)よ、まだまだ話足りないから、また近いうちに会いましょう!!

追記
マイ・フェヴァリット・カレーショップに、下記の店を追加させていただきます(店主の方の許可済み)
“ガネーシャ”
吉祥寺北口を左折し、パルコ方面に徒歩2分。
右側、ハモニカ横町の5本目の路地(ちちかかとモルガン宝飾店の間)を入り3軒目、右。
かづみ評;☆☆☆☆☆
チキンカレーは1000円、大きな国産鶏肉がごろんごろんで美味しいよぉ~♪

| | コメント (2)

2009年1月 9日 (金)

師匠

師匠
こんばんは。
ホークスファンの僕が、かつて東京ヤクルトスワローズを並行して応援していた頃、神宮球場で僕の事を“師匠”と呼んでくれていた女の子がいました。仮に“城戸乃梨恵”としましょう。
1999年頃から神宮(+東京ドーム+横浜スタジアム)通いをし始め、当初の僕の定位置は外野スタンドの一番上の通路のIないしKブロック、そこで応援コールなり野次を飛ばしていました。
その年の秋、東京ドームで今のカミさんと会い、翌年は大概二人以上で、別の場所で観戦していましたが、単身では相変わらず“定位置”にいました。
初夏の或る日、二人組の女性が僕を尋ねてきました。どうやら僕の“応援パフォーマンス”が滑稽に見えたんでしょうか…? やおら“師匠”と呼ぶでは在りませんか!! 若い女性にヨイショ(!?)されるなんて滅多に無い事。負け試合にもかかわらず良い気分で神宮を後にしました。以来カミさんを交えて、一緒にスワローズを応援する日々が続きました。
2001年のシーズン、二人組のうちの一人は諸般の都合で応援活動が出来なくなり、城戸ちゃんのみが球場へ来る様になりました。
この年の秋、スワローズは優勝マジックを1とするも広島,甲子園で連敗し、神宮での2試合でも優勝を決められませんでした…。決戦は横浜へ持ち越し、しかしカミさんは横浜スタジアムにトラウマを持ち、観戦をパスされ、結局城戸ちゃんと朝早く二人でハマスタへ向かい、いつもの観戦仲間と合流しました。
延長戦までもつれましたが、相手投手の暴投と古田敦也捕手の駄目押しタイムリーヒットで歓喜の優勝!! 彼女や周辺のスワローズファンと喜びを分かち合いました。
退場後、人混みにもまれ観戦仲間とはぐれてしまい、結局彼女と関内のマク@ナル@で簡素な祝勝会をしました。一度ハマスタへ戻り、用意した炭酸水をビール掛けの要領で、二人でハマスタ前に振りまきました。帰りはカミさんの顔が浮かんだので(!?)、根岸線で真っ直ぐ帰宅しました。
その年の日本シリーズ制覇も一緒に神宮で体験、翌年以降も一緒にスワローズを応援していましたが、僕は段々ホークス寄りになり、彼女も仕事が忙しくなり会う機会が少なくなり、僕がスワローズファンをやめてからは完全に疎通になってしまいました。
昨日朝、メールアドレスを変更したのを機会に、久し振りに彼女にメール送信してみました。すぐに返信してくれました。とっても嬉しがってくれました。
ちなみに、昨年秋に結婚したとの事で、彼女の“師匠”だった身として大変喜ばしい事です。

城戸ちゃんおめでとう!!
またいつか、野球場で会いましょう!!

| | コメント (0)

2009年1月 8日 (木)

ドカベン

ドカベン
こんばんは。
今日、東京MXテレビに於いて放送された『ドカベン』が、最終回を迎えました。
水島新司先生の数々の野球漫画の中でも、代表作的な位置付けに在り、今現在も形を変えて連載が続いてる『ドカベン』ですが、テレビアニメの放送は漫画雑誌の連載に追いつきそうになった為、主人公の山田太郎が在籍する“明訓高校”が“弁慶高校”にまさかの敗戦を喫するところで終わっています。
この続きを、映像化して欲しいと思っているのは僕だけでしょうか…?
1995年から連載が始まった“プロ野球編”では、多数の実在人物が登場するので、肖像権絡みで厳しいとしても、最終回で額に大怪我を負い、意識不明になった弁慶高校の武蔵坊数馬が、山田と岩鬼正美の祈りで意識を取り戻す場面から、別の水島作品に登場したキャラクターも“出演”させた『大甲子園』を経て“プロ野球編”の冒頭のドラフトのシーンまでを、見てみたい気がします。“土佐丸高校”の犬飼小次郎が“南海ホークス”に入団したのに、岩鬼が“福岡ダイエーホークス”に入団するという、ややこしい問題が生じますが(アニメ放送の最終回にて、小次郎と広瀬淑功監督が入団発表してる新聞記事が出て来ますが、岩鬼をドラフトで引き当てたのは、王貞治監督なのです。学年は2年しか違わないのに)…。

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

カレーライス

こんばんは。
先日『CoCo壱番屋』の話題を書かせていただきましたが、先程近所の『すき家』にて、ハンバーグカレーを“メガ”(大盛りの更に上)で食べました。『松屋』のも然りですが、少々インド風の仕上がりで、なかなか旨いです。

ここで、カレーが大好物の自分がお気に入りのカレー店、及びカレーライスが置いて有る飲食店を紹介させていただきます(五十音順)

♪アルバ(あの松井秀喜選手が学生時代贔屓にしていた、石川県発祥の店)
♪イレブン・イマサ(20年以上お世話になってる新宿地下街に在る店で“バターコーンカレー”が旨い!!)
♪CoCo壱番屋
♪ゴーゴーカレー
♪ナイアガラ(祐天寺に在る、鉄道グッズが所々に飾られている店。テレビでもしばしば紹介)
♪リトル・スプーン

♪すき家
♪なか卯

場所指定のない店はチェーン店です。各自で探してみてくださいませ…。

なお、お薦めの店が御座いましたら、コメント欄に一報くださいm(_ _)m

| | コメント (3)

2009年1月 6日 (火)

ギャンブル・デビュー~さのかづみは北野良栄を応援します~

巣鴨の現場、工程の都合で人員余剰になり、本日も休日です。
そんな訳で、元・福岡ソフトバンクホークスの北野良栄選手を応援しに、生まれて初めて競輪場へ足を運びました。
JR西千葉駅から閑静な住宅街を経て徒歩10分、会場に到着するも初体験ゆえ入るにためらい、競輪サイトとサンケイスポーツで北野選手の出走レースと時間を再確認、意を決して入場しました。
入場料は100円、財布から百円玉を取り出して、入場窓口を探してウロウロ…。そしたら鉄道の自動改札機みたいな物が有って、その硬貨口に百円玉を投入して入場するんですね。

タメになったねぇ~!!
タメになったよぉ~!!

いや、男20歳以上なら常識か…?
さて、中へ入ったは良いけど、車券の買い方が分からない…。予習しとけっちゅうに…。投票用紙&車券の買い方ガイドとにらめっこしながら何とか記入、車券発行所で、
「初めてなんですが、コレで大丈夫ですか…?」
と尋ねたら、窓口のおば様が親切に車券を発行してくださいました。初めて買った車券は、賭け目的と言うよりは、来場記念&北野選手応援目的なだけに、北野選手を1着にしたのを100円で購入、いざレースへ!!

陽当たりが良く暖かい、ホークス応援団が作成した“激しく熱く 北野良栄”の横断幕そばに陣取り観戦。11時半過ぎ、入場選手の中にホークスカラーの黄色のウェアに身を包んだ北野選手発見!! 36分、スタート!!
結果は、一昨日7位、昨日2位と上っているだけにその上を期待しましたが、残念ながら5着…。ホークス繋がりで2位予想した篠原輝行選手も敢え無く6位でした(余談ですが、ホークスの篠原は、サウスポー・リリーバー、篠原貴行選手の事です)…。
自分の車券は、ただの紙切れとなってしまいましたが、今後も折を見て、あくまでも北野選手応援目的で競輪場へ行きたいと思います。
一軍出場を果たせず、志半ばで球界を去った北野選手ですが、競輪界ではトップを目指して欲しいと、切に願います。

走れ!! 走れ!! キ・タ・ノ!!

追記
小生、ホークス応援と並行して、古田敦也氏退団まで東京ヤクルトスワローズも応援していましたが、やはり一軍出場出来なかった松谷秀幸選手が競輪学校で修行中です。彼の出走レースも、早く見たいものです。

| | コメント (0)

2009年1月 5日 (月)

竹馬の友より

こんばんは。
いよいよ明日は仕事始めです。本来なら明日から始まる現場へ派遣のはずでしたが、現場開始が不況の為か立ち消えとなってしまい、昨年暮れに手伝いに行った巣鴨の現場へ行きます。竣工まで追い込み状態で、てんやわんやな現場ですが、この御時世泣き言は言ってられません。働けるだけ有り難いと思って、頑張ります。
そんな自分へ、活力の如き年賀状が届きました。

一昨年、我が住家の在る江戸川某所から、小学生高学年から中学1年生の途中まで過ごした井の頭まで、無謀なサイクリングを行なった時、帰りがけにかつての友人の家の前を通りました。
懐かしさに浸りながら、表札に記された住所をメモ、彼の家を後にしてまた長い長い道程を走りました。
昨年、大好きだった井の頭の町を離れて30年経ったのを機に、思い切って彼に年賀状を書こうと決心しました。
中学・高校時代は電話・年賀状での交信を井の頭~座間間で続けてましたが、大学受験に追われた頃から、疎遠になってしまいました…。
あれから幾年月、彼は自分を覚えてくれてるだろうか…? 返信してくれるだろうか…? 期待と不安が交錯した中、懐かしい彼からの便り!!
きっと新しい家庭でも持ったのでしょう、住所が実家とは違う別の町になっていました。印刷年賀状だった為、直筆は少な目でしたが、その分近いうちに積もる話で盛り上がりたいと思います。

友よ、有り難う!!

| | コメント (0)

2009年1月 4日 (日)

祖母、逝く…

こんばんは。
今朝、元・福岡ソフトバンクホークスの北野良栄氏が競輪選手デビューをするというので、千葉競輪にて“ギャンブル・デビュー”をしようと思ったら、母から電話…。

「世田谷のおばあちゃん亡くなったから…」

既に90代半ばを超え、体は動くけど、人の顔と名前が一致しなくなってると聞いていたので、覚悟はしていたのですが…。
祖母は父方、我が父をはじめ、祖父(故人)との間に5人の子供をもうけましたが、長女が幼い頃に食中毒で死去、その事が遠因となって離婚してしまいました…。
その後祖父も祖母も別の家庭を持ち、僕の中では祖父の後妻に当たる人が“おばあちゃん”と呼べる人になり、離れて行った祖母は、我が父の実母にもかかわらず、なかなか“おばあちゃん”と呼ぶ機会が有りませんでした…。
それでも僕が子供の頃は年1回くらい我が家を訪ねてくれて、20年前に父が飲食店(スパゲティ)を始めた時、祖父が寿司屋を開いて失敗した過去が有ってか、開店を涙を流して喜んでくれました…。
それからしばらく会わぬまま現在に至り、その間僕は、飲食業が肌に合わず、工事関係へ転職しました(この件はいつか折を見て詳しくお話します)
「嬉し泣きで祝ってくれたのに、裏切って申し訳ない…」
そんな気持ちは常に有りましたが、逆にどの面下げて祖母に会いに行けば良いんだろうと、思いあぐねてました…。
母は、
「お通夜やお葬式は、向こうのお宅でごく簡単に行なうそうなの。もっとも向こうのお宅とさの家(仮名)との間が複雑な事になってるから、さの家からは殆ど参列しない事にしたわ」
との事。僕もそんな訳でお通夜・告別式への参列を見合わせました。でも祖母のお墓が建立したら様々な無礼を謝罪しに行くつもりです。

世田谷のおばあちゃん、ごめんなさい。安らかにお眠りください…。

合掌…

追記
母方の祖父母が亡くなって久しく、僕に“おばあちゃん”と呼べる人は、ついにひとりになりました…。でも昨年15年振りに鎌倉の自宅で会った時は、多少耳と脚が衰えていたものの、93歳にして元気でした。カミさんと訪ねたのですが、大変喜んでくれました。
先程、書き掛けの年賀状から急遽普通の書簡に差し替えて、手紙を送りました。そして、こんな言葉で締めくくりました。

「長生きしてね!!」

| | コメント (0)

2009年1月 3日 (土)

CoCo壱番屋

こんばんは。
本日からカミさんが仕事再開の為、晩飯は外食で済ませました。僕が16年間お世話になってるカレー店・CoCo壱番屋、自宅から約1kmの隣町の店舗へ歩いて行きました。
16年前、或る女性グループを応援していた頃、そのグループ名に似たカレー店が在る事を知りました。発祥、並びに主な所在地は東海地方というところまでは分かりましたが、東京は何処に在るのか…? まだインターネットなど無い時代、休日に我が縁の地を中心に探し回った結果、祖父(父方)が眠る地、東中野に発見!! 当時はまだ店舗が少なかった為か、日本全店舗のガイド小冊子(無料)が置いてました。それを頼りに休日になると食べ歩きをしました。
あの頃は中野,高円寺,阿佐ヶ谷といった中央線沿線にしか在りませんでしたが、アッと言う間に東京全域に点在する様になりました。
10年前、当時住んでいた恵比寿に出来た時は嬉しかったものです。週1回は食べに行きました。
5年前に移り住んだ江戸川区某所には、残念ながら在りませんが、月2~3回程、隣町まで行きます。
日本人の舌に合った、飾らない庶民的な味が良いですね。本日はアサリを頼もうかと思うも、まだ時期が早かった様で有りませんでした…。毎年春限定メニューとして登場するので、もう少々待つ事にしましょう。代わりにコロッケを乗せてもらいました。

今日も元気だ、カレーが旨い!!
イチロー選手の正月定番プログラム『イチ流』を見て寝ます。
おやすみなさい…。

| | コメント (0)

2009年1月 2日 (金)

マスターズ・リーグ

こんばんは。
本日は、東京ドームへマスターズ・リーグを見に行きました。
さて“マスターズ・リーグとは何ぞや…?”という声が聞こえてきそうなので、簡単に説明しますと、プロ野球選手OBのリーグで、全5球団在ります。
本日は東京ドリームズvs福岡ドンタクズの試合でした。
試合前、ドーム下白山通り沿いに在る、第二次世界大戦に散った野球選手を奉った“鎮魂の碑”に
「今年もたくさん素晴らしい試合を見せてください」
と、手を合わせました。彼らの犠牲の元に、今のプロ野球が在る事を噛み締めながら…。その年初めて東京ドームへ野球観戦する時、まず最初にやらせていただいてます。
いつものホークスファン仲間と内野席で観戦、懐かし&伝説の野球選手のプレイを堪能しました。江夏豊,池永正明,阿波野秀幸,川尻哲郎,村田兆治,初芝清,本西厚博,鈴木健,達川光男,木下富雄,若菜嘉晴,西田真二etc.…。我が贔屓チーム、ホークスOBからは山内和宏,吉永幸一郎,坊西浩嗣,出口雄大,藤本博史,カズ山本(以上敬称略)異色なところで、元力士で千葉ロッテマリーンズにも2年在籍した市場孝之選手(元・序二段・琴市場)そしてプロ野球選手経験のない漫画家の水島新司先生まで、多彩な顔触れでファンを喜ばせました。
マスターズ・リーグで毎年注目されている事、それは東京ドリームズ所属の村田兆治投手が、50歳を超えながら時速何キロの速球を投げられるかです。
村田選手は1970~80年代にロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)のエースピッチャーとして大活躍、現在59歳ですが、まだまだ若い選手に負けない130km/h台の球を繰り出します。時として140km/h以上投げ、ファンを沸かせます!! ちなみに本日は138km/hが最高でした。まだまだ野球ファンを楽しませていただきたいところですね。

さて、プロ野球の方は新入団選手発表や契約更改があらかた終わり、1月中選手は自主トレーニングに励みます。2月にキャンプ・イン、3月にペナントレースへの見極め段階“オープン戦”が始まりますが、それまで野球観戦はお預けです…。春はまだ遠い…。

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年、並びに初めまして…

初めまして、さのかづみと申します。
以前某所で日記を開設していましたが、携帯電話の機種を変えた途端、更新の方法が分からなくなり閉鎖していました…。しかし、新年を機会に場所を変えて再出発する事にしました。出来る限り長く続けるつもりですので、よろしくお願いします。

昨夜は今まで習慣にしていた紅白視聴をやめ、カミさんとネットカフェにてYou Tubeを見まくりました。
宇崎竜童,さだまさし,アリス,井上陽水etc.(敬称略)懐かしの音楽映像視聴で年を越した後、野球アニメ「MAJOR」「笑点」「東京フレンドパークⅡ」や、予約録画したさだまさし氏のトーク番組を見ながら、お節料理&雑煮を食したり、年賀状に目を通したりしました。

明日は東京ドームにてマスターズリーグを観戦する予定です。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

トップページ | 2009年2月 »