« 大丈夫sign01 ウチの主砲…despair | トップページ | まだ昨日の余韻が… »

2009年5月15日 (金)

僕の知らない南夕子moon3〜星光子さんと、舞台の後ですっごい事に…happy01

こんばんは。

 本日は、ル・テアトル銀座で行なわれた『宮崎渥已ダンススタジオ 創立25周年記念公演』を見に行きました。

 昨日、現場監督と約束したとおり午後4時過ぎに上げてもらい、大急ぎで葛西の本社へ4月の給料+交通費受け取り&今週の勤務実績報告書類提出、そして一路京橋へ急行 実に慌ただしい2時間余りでしたdespair

 かつてバブル期ではフォークorロック系、果てはアイドル(CoCo)のコンサートへ足しげく通い、昨年は当日記読者・まよ様と出会えた縁で、ミュージカルを2本見ましたが(1本はまよ様出演、もう1本は某アニメーション番組の声優も務める妹さんが出演)全編ダンスで構成された舞台を見るのは初めてでした。

 宮崎渥已さんの事も、ダンサーの方々の事も存知上げず、全く無知な形で入ったのにもかかわらず、十分楽しめた公演でした。
 第2部は海の向こうのミュージカルでも見てる様なダンスショーでしたが、第1部は邦楽風の音と踊り、篳篥(ひちりき)やら和太鼓やら鳴り響く、まさに“わびさび”といった、不思議な空間に迷い込んだ様でした。
 余談ですが、空腹で劇場へ来たので、和太鼓の重低音が胃に響く響くsign01

 昨夜の予告どおり、女優の星光子さんが御出演なさっていた訳ですが、パンフレットに記された光子さんの出番を参照にして、ショート・ヘアの女性を中心に観賞しました。

 舞台終了後、出演者の皆様がロビーに出てくださるという事で、光子さんに挨拶しようと探したら、きらびやかな舞台衣装とは打って変わって、TシャツにGパンというラフなスタイルで、楽屋から出て来てくださったので、雑踏越しに挨拶したら、頭を下げ返してくださいました。
 その後光子さんは、実娘の紫子さんや関係者の方々が待つエリアへ。しかし僕は、まるで“公園デビュー”をためらっている幼児の様に、遠くから光子さんを見ているだけでしたが、そんな僕の気持ちを察してか、10分後くらいに光子さんの方から歩み寄って来てくださいました。
 それなのに人見知りの激しい僕は、相変わらず光子さんの目を見て喋れません…。やはり“女性”ですし、僕の中では“スター”ですからねぇ〜(*^_^*)ゞ
 すると、優柔不断オーラ出しまくりの僕の腕をとり、

 「 星 司 さ ん heart01

と、問い掛けるでは在りませんかsign01 全く予期せぬ展開にビックリsign01 
 そして、

「ねぇ“夕子”って呼んでっdespair

と、突っ込まれてしまいました…。
 さほど頭の良くない僕でも、そう返せば良かったかなとは分かりましたが、

「僕が北斗星司になったら、高峰圭二さんに対しておこがましいですよぉ〜(^_^;)ゞ」

と、半ば興奮気味にお断り致しましたm(_ _)m 僕はさしずめ、

僕の知らない南夕子〓〜星光子さんと、舞台の後ですっごい事に…〓〜
モ チ ロ ン

でしょう(光子さんが『ウルトラマンタロウ』に“南夕子”としてゲスト出演された時の怪獣です)

 “ウルトラタッチ”までしていただき、公演後で紅潮状態のせいでも在ったんでしょうが、あんなに弾けた方だとは思わなかったので、ただただビックリのさのかづみでした。

baseball今日のホークスbaseball

クリネックススタジアム宮城
イーグルス2vsホークス4
勝…ブライアン・ファルケンボーグ(2勝0敗0S)
S…馬原孝浩(1勝0敗5S)
負…小山伸一郎(1勝2敗2S)

 7回裏、スワローズから急遽移籍して来た宮出隆自外野者に同点タイムリー・ヒットを打たれますが、10回表に森本学・川崎宗則両内野手の連続タイムリー・ヒットで勝ち越しに成功します。
 最後は守護神・馬原孝浩投手が3者凡退で締めて、接戦をものにしました。
 なお、B.ファルケンボーグ投手が2試合連続勝利投手となりました。

 またしてもイーグルスの先発・永井怜投手を打ちあぐねましたが“和製エリック・ガニエ”(投手、ミルウォーキー・ブリュワーズ)こと2番手・小山伸一郎投手を、皮肉にも野村克也監督のシダックス時代の教え子が攻略しました。
 もし今日、光子さんの舞台を見てなければ、タイトルを森本選手絡みのにしたのですが、このネタはファイターズ戦にとっておきましょう(鷹友の皆様、東京ドームを中心にやってる、森本選手を讃える時のあのネタです)

明日の予告先発
イーグルス…岩隈久志
ホークス…藤岡好明
於、クリネックススタジアム宮城

 藤岡好明投手はプロ初先発… いつものリリーフと勝手の違いに戸惑うでしょうが、思いっ切り荒鷲打線とエース・岩隈久志投手の胸を借り、リリーフの切り札から先発ローテーション入り投手へと“変身”していただきましょうsign01

baseballちょっとスワローズrainbaseball

神宮球場
スワローズ2vsタイガース1
勝…松岡健一(2勝0敗0S)
S…林昌勇(0勝0敗12S)
負…能見篤史(2勝4敗0S)

 1回表に金本“アニキ”知憲外野手が、そしてその裏には飯原誉士外野手がタイムリー・ヒットを放って始まったこの試合、その後は投手戦となりましたが、7回裏に川島慶三内野手がタイムリー・ヒットを放ち勝ち越しに成功します。
 投げては今季初登板のユウキ(田中祐貴)投手が5回1失点と好投し、救援陣も無安打に抑える完璧なリレーで逃げ切りました。
 ユウキ選手、今度はもう少々長いイニングを投げ、スワローズでの初勝利を挙げましょうsign01
 ちなみに勝利ポイントが付いたのは松岡健一投手、こちらも2試合連続です。

〜勝・セーブ・負、並びに予告先発の投手名は、敬称略で…m(_ _)m〜

 テアトル銀座を出て宝町駅へ向かう途中、かつてよく通った“やよい亭”という定食屋に寄り、サバ味噌煮定食を食べました。
 白飯はおかわり自由で茶碗4杯(どんぶり1杯半くらい…)大根の漬物はシソ&胡麻味、まるで“ごはんがすすむ君”状態で、腹いっぱいいただきましたdelicious

 今夜は光子さんと“Shall We Dance?”もしくはウルトラタッチでウルトラマンエースに合体変身、ヤプール人と戦う夢を見ます(だから高峰さんに失礼だって…)

おやすみなさいsleepy

|

« 大丈夫sign01 ウチの主砲…despair | トップページ | まだ昨日の余韻が… »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大丈夫sign01 ウチの主砲…despair | トップページ | まだ昨日の余韻が… »