« さだまさし・カウントダウン・ソロプレミアムin国技館note〜2009・其ノ二〜 | トップページ | 夕子は月へ、蒲生譲二はネビュラの星へ… »

2010年1月 3日 (日)

さだまさし・カウントダウン・ソロプレミアムin国技館note〜2010〜

こんばんはmoon3

 (昨日の続き)
 0(れい)ぃーっsign01
 2010年だぁーっrock

 そんな訳でカウント・ダウンが終了、今年初聴きの曲のカラオケが流れて来ました。

note春爛漫

 なあに
 ちいさなはずれは当たりの貯金
 いつかはどーんと大当たり
 そう
 たとえばあなたに出会えたように
 大切なあなたに大当たり

 ほら桜が咲いた咲いた咲いた
 ほら桜が咲いた幸せ色に


 10年前に、モテない自分が奮闘・努力&辛抱の甲斐有って、カミさんと出会えた事を思い出しました。
 今は傍にカミさんはいませんが、それでも何だか前向きな気持ちになれる、今年1発目に相応しい曲です。
 昨日、ケミカル・ライトがピンクで在る事にイチャモンを付けてしまいましたが“桜が咲いたnote”と詠うこの曲、結果的にはピンクで良かったと思いましたconfident
 実妹で歌手の佐田玲子女史(以下、お玲子サマ)と、コーラス・グループのチキンガーリックステーキのメンバーが、七福神に扮して花を添えました(笑)
 ひとまず本編は終了、暫し休憩となりました。

sign01テレビ生放送開始、追ってラジオも開始

note関白失脚

 0時25分から、NHKで『2010年新春生放送! 年の初めはさだまさし』が始まり、それに伴いコンサートも再開されました。
 1曲目は大ヒット曲『関白宣言』の続編から始まりました。
 大サビの“頑張れ 頑張れ 頑張れみんな”のフレーズで、観客席からは疲れを知らぬ大合唱となりました。

 番組は、いつもどおり井上知幸氏(構成作家兼アシスタント)住吉昇氏(音響効果)小野文惠アナウンサーに、前年も登場した放送総局編成センター長の井上樹彦氏とゴルフ・キャスターの戸張捷氏とともに番組が進行し、国技館で行なわれた為に、日本相撲協会からは“スイーツ親方”こと元・横綱大乃国の芝田山康親方がゲスト出演、親方の為に東京都内のホテルで購入されたケーキ類が用意されました。
 コンサート本編と同じく、方向によっては出演者の姿が見られない観客もいた為、約30分毎にセットの方向を変えて観客全員が出演者を見られる様に配慮されました。
 やがてAM1時からは文化放送が『国技館だヨ! さだまさし〜歌とテレビと紙相撲〜』と題して合流、相互放送を行ないました(東海ラジオでも放送されたそうです)
 文化放送の局アナとコロッケ氏が、まっさんの呼びかけに応じテレビにも登場しました。

note風がきれい

 ほぼ毎月の『今夜も生でさだまさし』では番組宣伝役を務めるも、今回は小野アナと井上樹彦・戸張両氏にその座を譲ったお玲子サマとチキンガーリックステーキが『みんなのうた』使用曲を披露しました。

note飛梅

 僕がまっさんのコンサートで、一番うたって欲しいと期待するのが“ドラマティック・マイナー”路線です。
 静かに始まり、徐々に盛り上がった末に彼が絶唱する『まほろば』『夢しだれ』『天然色の化石』のっけから激しい『胡桃の日』『春雷』『修二会』などなど…。たまりませんねsign01
 ただギター弾き語りで再現しにくいのか、この辺の路線がなかなか出て来ませんでしたが、この路線の“前者”に値するこの曲が歌唱され、予は満足じゃgood
 なお、福岡(太宰府)を詠った楽曲の為、ホークス・ファンとカラオケをする時は、しばしばうたいます。

sign01テレビ放送終了・ラジオ放送のみ

 AM2時30分にテレビ放送が終了し、ラジオ放送のみとなると、リスナーからの葉書による紙相撲大会の決勝が執り行なわれました。

note青の季節

 オンエア中のラストの曲は、またまたカラオケ使用となりました。
 15年前に大人になれた時、その時の女性と楽しい日々を過ごした1年半を思い出しました…heart01
 ただ彼女は水商売の女性ゆえ、僕を“金蔓”にしか思ってなかった為、折からの不景気により“金の切れ目が縁の切れ目”の逆状態で店通いをやめ、彼女を遠ざけてしまいましたが…despair
 心の通わない恋愛は、僕には出来ません…weep

sign01ラジオ放送終了・アンコール

note最期の夢

 一度退場するも、アンコールの拍手に応え、再び登場致しました。
 2000年発売『日本架空説』(コレも買ってない…m(__)m)のラストに収められたこの曲で、6時間あまりに渡るコンサートの幕を閉じました。

 昨年大晦日にお伝えしたとおり、まっさんのコンサートは7年8ヶ月振りでした。
 不景気による収入減、生活をホークス応援中心に切り替えた事が主な理由ですが、1万円を越えるチケット代のマス席は自分にとって高嶺の花、椅子席の前の方もそこそこ高く、ステージまで遥か遠くの、6000円の椅子席Cにしましたが、それでも下級労働層の自分にはまさに“清水の舞台から飛び降りた気持ち”で払った金額でした…despair
 しかし、このつらい状況下に彼から元気をもらい、同じ時間に見知らぬさだファンと貴重な時間を過ごせただけに、やはり僕は来て良かったと思っていますnote
 つらくないと言えば嘘になるけど、幸せですnote(←著作権違反だワ…)

 しばしばコンサートが行なわれる市川市文化会館や江戸川区民会館は、自転車で15〜30分の場所に在ります。
 東京公演では必ず使用される新宿の厚生年金会館は、都営新宿線から1本で行かれます。
 まっさんのコンサートを観に行くには、恵まれ過ぎる条件下に居るにもかかわらず、しばらくは観に行かれないでしょう…。
 しかし、景気回復の恩恵を被れたり、夢の日本シリーズ“ホークス対スワローズ”が実現した暁には、また足を運んでみたいと思います。
 ただ、また今回の様な企画が実現したら、無理して行っちゃうんだろうなぁ〜…(^_^;)ゞ

 終了後は、両国駅前で20年来のさだ友の、通称“サンタ”と名乗る方と再会、別の方が同席していた為、手短に挨拶しました。
 自宅まで自転車を走らせると、大晦日に書いた松本からのさだ友夫妻が国道14号線を歩いていました。
 入場前に会話が出来なかった分、彼女達の宿泊場が在る錦糸町まで、積もる話に花を咲かせました。

 AM5時過ぎに帰宅、初日の出を待たずに就寝しました。


 そんな訳で、無謀な長距離サイクリングに引き続き、国技館でオール(徹夜)した為、疲労により見事に寝正月となり、チケットまで買ったウルトラのイベントに、行きそびれてしまいました…weep


baseball今日の“さのかづみ球場”baseball

baseball僕がホークス・ファンになったきっかけ

↑当日記2009年4月20日のトピックに、割愛・加筆・修正させていただきましたm(_ _)m


 長くなったので『ウルトラマンA』コーナーは明日掲載致しますm(_ _)m


おやすみなさいsleepy

|

« さだまさし・カウントダウン・ソロプレミアムin国技館note〜2009・其ノ二〜 | トップページ | 夕子は月へ、蒲生譲二はネビュラの星へ… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さだまさし・カウントダウン・ソロプレミアムin国技館note〜2009・其ノ二〜 | トップページ | 夕子は月へ、蒲生譲二はネビュラの星へ… »