" />

« 秋山監督生誕記念日 | トップページ | 本多の正夢ホームラン »

2010年4月 7日 (水)

さよなら、我ら野球狂の“キムタク”…

こんばんは

 本日は、我々野球ファンにとって、大切且つ悲しいお知らせからしなければなりません…。


 読売ジャイアンツの内野・守備走塁コーチ、木村拓也氏がクモ膜下出血の為、37歳の若さで死去致しました…。
 4月2日、マツダスタジアム広島・カープ対ジャイアンツでの試合前の練習時、ノックの最中に倒れ、広島市内の病院に運ばれましたが、そのまま帰らぬ人となりました…。

 なお以下の分は、昨年10月18日の当日記トピックから引用、加筆・割愛したものをお届け致します。

 1991年にファイターズへ捕手として入団、SMAPの木村拓哉氏と名前の読みが一緒という事で、この頃から既に漫画のネタになっていました。
 1995年にカープへ移籍し、セカンドのレギュラー・ポジションを獲得、長く主力選手として活躍しました。
 2006年途中に巨人に移籍、内外野をこなすユーティリティー・プレーヤーとして勝利に貢献しましたが、昨年日本シリーズ終了後に現役引退を表明しました…。

 投手以外はどのポジションもこなす器用さで、昨年9月4日のスワローズ戦では、頭に死球を受けた加藤健捕手に代わり10年振りにマスクをかぶり、その存在感を強く印象づけました。

 前述した、ほぼ同姓同名の木村拓哉氏とはテレビで共演したそうで、拓哉氏も拓也コーチの容態を心配したそうです。

 個人的には、昨年の交流戦・巨人対ホークス(東京ドーム)で、ホークスの交流戦Vを阻むサヨナラ適時安打が印象に残っています。
 Vは翌日に持ち越しとなりましたが、拓也コーチのあの一打で喜びが倍増になったと、自分では解釈しています。

 巨人時代では無いですが、カープ時代の個別応援歌が好きでした。

脚の速さは 誰にも負けない
風を切り走れ 木村拓也

(カープ応援団の皆様、著作権法に抵触するなら削除致します)

 長くカープでプレイした彼だけに、まだ御家族も住んでいる広島で人生を終えた事は、何とも皮肉なものです…。
 指導者として、これからという時だったのに、残念でなりません…。

 木村拓哉氏が“元祖・キムタク”なら、木村拓也コーチは我々野球ファンにとって“本家・キムタク”と、非難承知で呼ばせてください!!

 慎んで、お悔やみ申し上げます…。


 さて、通常のコーナーを…。

さのかづみの
あたかも生で見て来た様な顔でつづる鷹&燕ダイジェスト2010

いざゆけ今日の若鷹軍団

福岡ヤフードーム
ホークス0vsマリーンズ5
勝…大嶺祐太(1勝0敗0S)
負…巽真悟(0勝2敗0S)

 ホークスは、初勝利を狙う巽真悟投手が先発でしたが、初回に2アウト満塁から押し出し四球でマリーンズに先制されると、2回表には井口資仁内野手の2点タイムリー二塁打、7回表には3回表からロング・リリーフを強いられた神内靖投手が力尽きたのか、金泰均(キム・テギュン)内野手&大松尚逸外野手の連続犠牲フライで加点されます…
 打線も大嶺祐太投手の前に10三振4安打完封を食らい、今季初勝利を献上しましたが、打てないと分かって随分淡白な攻撃だった様で…。若松勉・元監督時代後期の、落ち目になりかけた頃のスワローズ打線とダブりますね…。
 かつて相思相愛だった彼をロッテ球団にさらわれ、その彼にやられて悔しくないのかと問い詰めたくなりますね

明日の予告先発
ホークス…和田毅
マリーンズ…川越英隆


最強燕軍団復活への道

神宮球場
スワローズ7vsカープ1
勝…館山昌平(2勝0敗0S)
負…齊藤悠葵(0勝2敗0S)

ホームラン
スワローズ…J.デントナ5号

さよなら、我ら野球狂の“キムタク”…
 スワローズは初回、ジェイミー・デントナ内野手(写真)のタイムリー・ヒットで先制すると、5回裏に1点を加えて迎えた6回裏、デントナ選手が今度は満塁ホームランを放ち突き放し、8回裏にはまたまたデントナ選手が犠牲フライで駄目を押しました
 投げては先発・館山昌平投手が8回1失点の好投で今季2勝目を挙げ、チームの連敗を止めました

 一方のカープ、かつてのチーム・メイトだった木村拓也氏の為にも勝利したいところでしたが、好機にあと1本が出ず連勝とはなりませんでした…。

〜責任投手&ホームラン打者、並びに予告先発投手の名前は、敬称略で…m(_ _)m〜


 それでは、猛烈に睡魔が襲って来たので、


おやすみなさい

|

« 秋山監督生誕記念日 | トップページ | 本多の正夢ホームラン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋山監督生誕記念日 | トップページ | 本多の正夢ホームラン »