« 生出しbaseball@神宮球場〜複雑な思いを抱きながら…〜 | トップページ | 昨夜の熱戦の余韻… »

2010年5月17日 (月)

ザ・ベスト1000〜さのかづみnote歌日捲暦〜17『だから涙と呼ばないで』CoCo

こんばんはmoon3

 本日は、さのかづみの怪しい素性が明らかになりそうな趣味から…(^_^;)ゞ
ザ・ベスト1000〜さのかづみ♪歌日捲暦〜17『だから涙と呼ばないで』CoCo
『だから涙と呼ばないで』by CoCo
作詞、森本抄夜子
作曲、羽田一郎[1992.04.17]

 1990年代、女性アイドル歌手が売れない時代に於いて、5→4人組グループとして、歌謡界に君臨しました。

 この曲がリリースされて間も無く、18年前の今日、彼女達は待望の“日本武道館”公演を行ないましたが、公演数日前、メンバーの瀬能あづさ女史の脱退が発表されました…。

 異様な熱気の中、早くも2曲目の『乙女のリハーサル』(デビュー曲『EQAULロマンス』2トラック目)からあづさが号泣、その後は何とか何事も無く進行するも、本編ラスト『君の歌 僕の歌』で三浦理恵子女史が泣き出し、あづさが慰めるシーンが…。
 アンコール早々あづさが涙ぐむと、連鎖反応でメンバー全員が泣き出す中、いよいよオーラスのこの曲へ…。

 時間はひそかにせつなく流れて
 思い出とひきかえに
 続いてゆくのよ

 この曲の2コーラス目後の間奏が終わると、演奏がピアノのみとシンプルになり、上記の8小節をあづさがソロで歌唱、その間他の4人と泣きながら握手したり、抱擁したり…。

 Maybe Maybe
 淋しくなると気づいても
 どうしても ゆずれない
 生き方があるね
 あなたの未来はあなたのものでも
 いつかまた 会うための
 さよならを 最後と呼ばないで

 この曲は、このコンサートの為に、そしてCoCoから巣立って行くあづさの為に作られた歌だと、自分も涙の中で気付きました。
 この別れをポジティブに受け取り、あづさのソロ歌手としての成功を祈りつつ、僕は武道館を後にしました…。

 ちなみに曲調はメジャーなアップ・テンポ、別れに対する前向きさを強調しつつも、歌の出だしとサビの締めをマイナー調へと持って行き、ソレと無く巧みに寂寥感を出しています。

 そんな羽田一郎氏の聴く者のツボを押さえた曲もさる事ながら、森本抄夜子女史の歌詞もまた、ファンの琴線に触れる様な言い回しを多用しています。

 この年の夏からCoCoは4人に、あづさはソロ活動を本格的に始めましたが、この顛末はまた別の機会に…m(_ _)m

〜曲紹介、並びに本文の一部以外は、敬称略で…m(_ _)m〜


それではまた後程paper

|

« 生出しbaseball@神宮球場〜複雑な思いを抱きながら…〜 | トップページ | 昨夜の熱戦の余韻… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました

一般的には年齢を内緒にとのことなので
コメントは承認致しません
教え頂きありがとうございました

これからは、こちらも読みに来ますので宜しくお願いしたします。

投稿: Horizon | 2010年5月23日 (日) 09時13分

>>horizon様
こちらではお初にお目にかかります。御来訪、誠に有り難う御座います。
 分家の方では、お世話になりました。

 我が年齢の件、お気遣い有り難う御座いました…(^_^;)ゞ

 今後とも、よろしくお願いします。

 またの御来場を、お待ちしています。

投稿: さのかづみ | 2010年5月23日 (日) 16時10分

お久しぶりです
謝らなくてはならないと
僕のハンドルネームを三浦理恵子さんからと質問され僕は瀬能あづさサンのセカンドあるからですと答えましたが
理恵ちゃんの
水平線でつかまえて
この歌の詞にHorizonが出てきますね

どちらも間違えでは無いんですね

失礼しました。

投稿: Horizon | 2010年5月30日 (日) 00時04分

>>Horizon様

 毎度御来場有り難う御座います。
 こちらこそ放置したままで、申し訳御座いません…。

 わざわざ謝罪していただき、恐縮です…。

またの御来場を、お待ちしています。

投稿: さのかづみ | 2010年6月 2日 (水) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生出しbaseball@神宮球場〜複雑な思いを抱きながら…〜 | トップページ | 昨夜の熱戦の余韻… »